美白で気をつけたいこと|光やレーザーでシミのない肌になる|マシンで美白治療

光やレーザーでシミのない肌になる|マシンで美白治療

美白で気をつけたいこと

ドクター

美白化粧品やパック、エステでの施術でなかなか綺麗にならないというようなシミがある場合に有効なのが医療機関でのレーザー治療です。最終手段として多くの人が活用している美白のためのレーザー治療は、ピンポイントでシミやくすみ、あざを綺麗にしてくれます。また、最近ではフォトフェイシャルという光での美白治療も注目を集めており、それらの施術のおかげで美肌を手に入れやすくなっているのです。シミやくすみを改善してくれるレーザーやフォトフェイシャルはとても効果的ですが、その治療を行うときには気をつけなくてはいけないこともあります。注意点を知っておくことで、トラブルを防ぐことができるでしょう。

美容外科や美容皮膚科でレーザーやフォトフェイシャルの治療を受けると、患部にかさぶたができます。なぜ、そのようなものができるのかというとレーザーやフォトフェイシャルでシミの部分を焼いて治療をしているからなのです。レーザーやフォトフェイシャルの光が肌に当たると、シミやくすみの原因になっているメラニン色素に反応して熱エネルギーを与えます。メラニン色素の部分だけを熱エネルギーで焼いていることになるのです。そのため、火傷のようなに患部にかさぶたができるのです。このかさぶたを無理に剥がしてしまうと、傷跡が残ってしまうことがあるので触らないように注意しましょう。せっかく美白目的で治療をしたのに跡が残ってしまっては意味がありません。かさぶたは一週間から10日程度で自然に剥がれ落ち、その下から新しく綺麗な肌が現れます。かさぶたが取れるまでは、なるべく擦れないようにしなくてはいけません。美容外科や美容皮膚科によっては、軟膏や保護のためのテープを処方してくれるところもあるでしょう。そういったものを、医師の指示通りきちんと使い切るようにしましょう。テープでの保護は擦れることを防ぐ以外にも効果があります。それは紫外線の対策になるということです。紫外線は美白にとって大敵とも呼べるものです。それはレーザーやフォトフェイシャルを受けた後の肌にもいえることで、術後すぐに紫外線を浴びてしまうと以前よりも濃いシミが出来てしまう場合もあるのです。こういった理由から、レーザーやフォトフェイシャルを行うのは紫外線の強い夏場を避けたほうがいいといわれています。術後はテープだけでなく、日焼け止めやマスク、日傘などできちんと紫外線対策を行うように心がけましょう。

美容外科や美容皮膚科では、美白治療のときに外用薬や内服薬を処方することもあります。例えば、美白効果の高いハイドロキノンを処方して治療を進めることもあるでしょう。また、血行をよくする薬でくすみやシミを改善させるという方法もあります。薬以外の治療であればピーリングをしてくれるところもたくさんあるでしょう。どの治療を受けるときにも、紫外線対策をすることが大切になってきます。日焼け対策やビタミンCの摂取といった自分で行うケアも取り入れながら治療をすることで、美白の効果が高まることでしょう。