光やレーザーでシミのない肌になる|マシンで美白治療

光とレーザーの違い

看護師

シミやくすみのない肌はとても綺麗で若々しく見えます。加齢とともに肌の表面に出てくるこれらの症状を治すことが出来ればと考えている人は少なくないでしょう。綺麗な肌になりたい、シミやくすみをなくしたいという人は美白治療を始めましょう。美白や美肌のためにできること、というと多くの人はスキンケアの徹底やサプリメントでの栄養補給を考えます。もちろんそういった努力も大切です。栄養が不足してしまうと肌だけでなく、体調にも影響するでしょう。また、間違ったスキンケアを行ってしまうと、シミやくすみが消えないだけでなく悪化することも考えられます。美しい肌のためには、こういったセルフケアは必要だといえるでしょう。しかし、すでに出てきてしまったシミやくすみをセルフケアでどうにかするというのは簡単なことではありません。美白効果の高い成分が含まれたスキンケア用品を選んで、長く使い続けなくてはいけないでしょう。もっと早く美白や美肌の効果を得たいという場合には、美容外科や美容皮膚科での治療が有効な手段になります。

美容外科や美容皮膚科は、肌や美容に関する治療のスペシャリストです。シミやくすみはもちろん、ニキビやニキビ跡、ほくろやイボ、肌のシワやたるみなどいろいろな悩みに応えてくれるでしょう。そんな美容外科や美容皮膚科で、シミやくすみを治す手段としてよく用いられているのがレーザーや光による治療です。それらを照射することができるマシンを肌の気になる症状がある部分へ使うことで、高い効果を発揮します。使われているレーザーや光にはいろいろな種類があるので、その違いを知っておくといいでしょう。シミやくすみに効果的なレーザーで有名なのがQスイッチレーザーです。このレーザーは皮膚の深いところのシミやくすみ、アザなどに効果的なものです。ただし、シミやくすみの種類によっては悪化する場合があるのでしっかり診断してくれる医師の元で行わなくてはいけません。

美白治療のときにQスイッチレーザー以外で良く耳にするのが、フォトフェイシャルという光を用いた治療のことです。このフォトフェイシャル治療は、最近ではエステサロンで行われることも多くなっています。レーザーとの大きな違いが、使っている光の波長の範囲です。レーザーは波長の範囲が狭いので、肌の表皮、または真皮のピンポイントな部分にしか効果を発揮することができませんでした。しかし、このフォトフェイシャルの光は波長が長いのでいろんな肌の層に一気に効果を与えることができます。そのため、深いシミや浅い層にあるくすみ、シワなど、いろいろな肌トラブルに効果が期待できるのです。ただ、光の範囲が広い分、出力はレーザーよりも低くなってしまいます。

美容外科や美容皮膚科でこういったレーザーや光による美白治療を数回行えば、肌のターンオーバーが活性化して綺麗な美肌になれるでしょう。レーザーなら少ない回数で深いシミを治すこともできます。光での治療なら数回の施術で肌全体を綺麗にしてくれます。夏になると、冬に比べて紫外線量がはるかに多くなるのでシミに悩まされやすくなります。年齢を重ねて肌トラブルに見舞われる前にこうした対策をあらかじめとっておくといいでしょう。

美白で気をつけたいこと

美しい肌になるために美白をしようと思ったら、レーザーや光での治療も考えてみましょう。美白のための治療をする際にはいくつかの注意点があります。紫外線や患部への摩擦をさけることで綺麗な肌に生まれ変わるでしょう。

ニキビの改善

美白治療で最近有名になっているのがイオン導入です。この治療はレーザーや光と違って電流で肌を綺麗にするというものです。肌へ有効な成分を浸透しやすくしてくれる効果があります。

点滴で綺麗になる

くすみやシミ、そばかすやニキビ痕を早く治したいという人は美容外科や美容皮膚科にいくといいでしょう。いろいろな施術がありますが、点滴で美白や美肌を作ることもできるのです。